HOME > 食品廃棄物

食品廃棄物 food waste

食品廃棄物も資源として有効活用。

平成13年に施行された「食品リサイクル法」により、年間100tを超える食品廃棄物を排出する製造業者や飲食店では、リサイクルのための分別排出が義務化されました。
西山産業グループでは、「食品リサイクル法」にもとづき、あらゆるケースに対応するノウハウを構築しています。
●食品リサイクル法は、正確には「食品循環資源の再生利用等の促進に関する法律」です。

 

■ 食品廃棄物の主な対象先

・ホテル、レストラン、スーパー、コンビニエンスストア…等から出る調理くずや食べ残し食品等
・食品製造工場、食品加工工場…等から出る食品くずや廃食用油、売れ残り食品等

食品廃棄物の主な対象先

 

■ 魚あらは資源ゴミの一種です。

リサイクルのため、他の食品廃棄物との分別排出が必要です。

 

pagetop

エコの森 京都

関西初。国内最大級の食品リサイクル(再資源化)システム稼働。

平成15年4月、連携企業数社が共同出資し、食品廃棄物の処理プラント「京都有機質資源株式会社 エコの森 京都」を設立しました。 最新鋭の油温減圧乾燥システムを2ライン有し、完璧な脱臭と全ての排水を浄水処理して再利用するシステムを完備する当施設は、関西初であり、国内最大級といっても過言ではありません。

pagetop